人材エージェント・転職サイト比較

  • 転職ノウハウ
  • 2021/12/06

ゲーム業界に特化した強みのあるエージェント・転職サイトを比較検討できるようにピックアップしました。
複数の転職エージェントを利用しながら、効率良く求職活動をすると良いかと思います。

目次

|ゲーム業界転職に使えるエージェント比較
|転職サイト比較
|フリーランスエージェント比較

|ゲーム業界転職に使えるエージェント比較

 2021年10月調べ

『マイナビクリエイター』
https://mynavi-creator.jp/
公開ゲーム求人数:約1,054件
人材大手マイナビのサービスで安定したサポートと求人数。
面接対策やポートフォリオ作成フォローなど、充実したサポートが魅力。

『レバテックキャリア』
https://career.levtech.jp/
公開ゲーム求人数:約750件
実績ある大手転職エージェント。
内定率や年収アップ率が高く、確実なキャリアアップを目指す人におすすめ。

『LinkjobGamesリンクジョブゲームズ』
https://www.linkjob.jp
公開ゲーム求人数:約130件
ゲームクリエイターに特化したフリーランス、転職エージェント。
ゲームデザイン制作などを行ってきた会社であり、スキル、経験など理解力が高くマッチング力の評価が高い。

『G-JOBエージェント』
https://game-matching.jp/g-job-agent
公開ゲーム求人数:約760件
ゲーム業界に特化し、ゲーム会社での経験を持つコンサルタントを多く持つ。
転職相談などの丁寧なサポートが期待できる。

『ファミキャリ』
https://www.famitsu.com/career/
公開ゲーム求人数:約1600件
ゲーム業界特化で、業界大手メディア・ファミ通ドットコムの協力を得た求人数が特徴。
会社説明会などのイベントも多く、転職相談からスタートできる。

『Geekly』
https://www.geekly.co.jp/
公開ゲーム求人数:約843件
IT業界全般に特化した転職エージェント。
スピード感のある対応と、独占非公開求人の多さでマッチングさせていく独自性が強み。

『シリコンスタジオエージェント』
https://ss-agent.jp/
公開ゲーム求人数:約1700件
ゲーム・映像業界専門のエージェントサイト。
マンツーマンでのカウンセリングはもちろん、就業後の手厚いバックアップも充実

『ワークポート』
https://www.workport.co.jp/
公開ゲーム求人数:620件
人材紹介で長年幅広いサービスを展開している。
ゲーム業界特化ではないながら、転職支援アプリや転職講座など充実したサービスに特化。

|ゲーム会社への転職に使えるサイト比較

 

『Green』
https://www.green-japan.com/
公開ゲーム求人数:約2,010件
IT業界に特化した転職情報サイト。
求人企業の写真を多く掲載しており、雰囲気が伝わりやすい。
企業とのやり取りがスムーズに出来るサービスが多数あるのが特徴。

『リクナビNEXT』
https://next.rikunabi.com/
公開ゲーム求人数:約320件
大手転職情報サイトで、圧倒的な求人数が魅力。
独自のレコメンド機能が充実しており、登録情報からオファーを待つこともできる。

『Linkjobリンクジョブ』
https://www.linkjob.jp
公開ゲーム求人数:約130件
ゲームクリエイターに特化したフリーランス、転職エージェント。
ゲームデザイン制作などを行ってきた会社であり、スキル、経験など理解力が高くマッチング力の評価が高い。

『doda エンジニアIT』
https://doda.jp/engineer/
公開ゲーム求人数:約1040件
求人情報サイトdodaの、IT系・エンジニア系に特化した求人情報サイト。
大手からスタートアップ企業まで、幅広い求人が充実している。
LINEを使ったコミュニケーションでキャリアアドバイザーからサポートを受けることもできる。

『Wantedly』
https://www.wantedly.com/
公開ゲーム求人数:約600件
給与や待遇といった条件ではなく、やりがいなどから企業と求職者をマッチングさせるサービス。
気軽に情報を見られるビジネスSNSとして機能しており、企業と求職者の間にカジュアルな繋がりを求めることができる。
転職活動を前提としない利用が出来るのが特徴的。

|フリーランス支援エージェントサービス比較


『レバテックフリーランス』
https://freelance.levtech.jp/
公開ゲーム求人数:約1700件
IT系・WEB系のフリーランス支援サービス。
カウンセリングを通じて案件の提案やサポートを行ってくれる。
その他、フリーランスとして働く上で役立つ情報のコンテンツなども充実。

『LinkjobGamesリンクジョブゲームズ』
https://www.linkjob.jp
公開ゲーム求人数:約130件
ゲームクリエイターに特化したフリーランス、転職エージェント。
ゲームデザイン制作などを行ってきた会社であり、スキル、経験など理解力が高くマッチング力の評価が高い。

『IT求人ナビフリーランス』
https://it-kyujin.jp/freelance/
公開案件数:110件以上
IT系・エンジニア向け案件中心のフリーランス支援サービス。
オンラインカウンセリングでキャリアパスについてのアドバイスなども受けられる。

『ギークスジョブ』
https://geechs-job.com/
公開ゲーム求人数:約220件
エンジニア特化のフリーランス支援サイト。
個別説明会からアフターフォローまで柔軟なサービスが魅力。
オンラインセミナーや相談会など、スキルアップに繋がる情報も発信されている。

|エージェントを選ぶ際のポイント


ゲーム転職/フリーランスエージェントを選ぶ際のポイントは、それぞれの特徴をつかむことです。
例えば、
・ゲーム業界に特化しているか、強いのか
・自身のもつエンジニア、デザイナー特有のスキルを判断できるキャリアアドバイザーがいるか
・様々な働き方に対応した案件を保有しているか

それぞれのエージェントには、それぞれの良さがあります。いくつかエージェントに登録し、自身にあるアドバイザーを探しましょう。